仕事復帰!保育園入園後の大変な毎日を乗り越えるには?

未分類

こんにちは!おこめです。

保育園にお子様を預けて仕事復帰はしたけれど、保育園に入ると急に熱を出したり朝の支度が大変だったり、と想像していた以上に大変。

ワーママは職場で頑張り、家でも頑張りココロもカラダも疲れ切っている時期だと思います。

今回はそんな大変な毎日を少しでも楽に過ごせるようになる乗り切り方をご紹介します。

保育園子育て家事の乗り切り方 その1:夕飯作りを効率化する

仕事が終わり、保育園へお迎え、やっと帰宅したと思ったら、子供からの「お腹空いた〜」

夕飯作りは毎日戦争のようです!

まだまだお子様が小さい場合は、帰って来たら授乳タイムだったり、甘えタイムだったり。

ますます夕飯作りに時間を割くことができません。

そんな夕飯作りの時間を少しでも短くするポイントをご紹介します。

ポイント1:夕飯の材料は切っておく

毎日、一から支度をするのはとても大変!

野菜やシイタケやエノキなどのきのこ類は、休みの日を利用して、あらかじめ切っておくのがオススメ!

切った材料は2、3日分をジップロックに入れ冷蔵庫に。

残りは冷凍庫に入れます。

お味噌汁や炒飯、野菜炒めなどにそのまま投入して調理ができるので、時短に。

しいたけなどのキノコ類は、切って冷凍庫で保存した方が”旨味が増す”とも言われています。

〈ニチレイほほえみごはんより〉

https://www.nichireifoods.co.jp/media/12161/?amp=1

ポイント2:味噌汁を作る時は味噌を箸で溶かない

お味噌汁を作る時、おたまに味噌を入れてお箸で溶きますよね。

このお箸で溶く時間を省略します。

おたまに味噌を入れたらそのままお鍋の中に投入!

お鍋におたまを入れ、弱火で置いておきます。

その間に他の料理をします。

他の料理をしながら、ときどき、おたまグルグルすることでお味噌を溶かしていきます。

お椀に注ぐ時に少し固まっている味噌があるかも知れませんが、おたまを回して溶かします!

ポイント3:お豆腐は切らずに投入する

続いて、お味噌汁や麻婆豆腐など、お豆腐を使う料理をする場合のポイントです。

お豆腐は手のひらで切っていますか?

お豆腐は手のひらに乗せて切るのではなく、切らずにお鍋やフライパンに投入します。

投入した後は、おたまで一口大に切っていきます。

手のひらに乗せて切ると、その後その手を洗わなければなりません。

包丁も使わないので洗い物が減ります!

ポイント4:食材宅配サービスを利用する

生協を利用する

毎週注文した食材が届く生協(生活共同組合)は共働き家族の強い見方。

今回はその中でも首都圏のCMなどでよく目にする生協の宅配パルシステムをご紹介します。

生協の宅配パルシステムは野菜や生鮮食品や乳製品などの食材はもちろんのこと、本やコンサートのチケット、おもちゃなどさまざまな物を販売しています!

配達は週に一度、地域によって決められた曜日になります。

例えば水曜日の地域でしたら、毎週水曜日に届けていただけます。

冷蔵、冷凍食品などは発泡スチロール内の保冷剤でしっかり冷やしてくれているので、暑い夏や、帰りが遅い日でも安心です!
注文は週に一度。決められた曜日までに注文します。

ネットでも注文できるので、通勤途中にスマホで簡単に買い物ができます。

通勤中に注文できるのが本当に助かります!!

締切時間までは変更も可能なので、「ちょっと買いすぎかな?」とか「スーパーに行けた」という場合はキャンセルすることも可能です。

パスシステムでは、お得なお試しセットもあります。

一度ご注文いただき、家族で検討することもできますので、離乳食が小さいお子さんのお口に合うかどうかを試すことができます!

お試しはこちらから↓

生協の宅配パルシステム 【お試しセット】

詳しくはこちら↓




野菜スープの宅配

二つ目は野菜たっぷりのスープを宅配してくれる野菜をMotto!!をご紹介します。

詳しくはこちら↓



季節の野菜を食事に取り入れて家族に元気を!と思いますが、毎日メニューを考えることは正直しんどい。

そんな時にはスープで簡単に野菜の栄養をプラス!

国産野菜をたっぷり使ったこちらのスープは、カップに入った状態で届くので、そのままレンジで1分!簡単に食べられます。

しっかり栄養を採ることもできるし、美味しい野菜は美容にも健康にも最適。

もちろん時短にもなり、一石二鳥です!

離乳食の宅配を利用する

0歳児クラスのお子様を保育園に預けている場合は、離乳食の宅配もおすすめ!

「自分で準備できるけど、同じような食材ばかりになってしまう」

「一週間分の離乳食を考えるのがおっくう」という方にはぜひおすすめです!

ファーストスプーンでは、栄養満点で安全な離乳食を自宅に届けてくれます。

離乳食は月齢毎に細かく分けられていて、かぼちゃや白菜で作られた栄養満点の離乳食を自分で選んで注文できたり、離乳食セットもありますのでまとめて注文することもできます。

バリエーションがたくさんあるので、お子様もきっと喜びます!

詳しくはこちら↓



時短調理グッズを使う

便利な時短調理グッズを使うのもポイントです。

ワーママが買うべき時短調理グッズは、電気調理鍋です。

朝セットすれば帰宅時にはアツアツ料理ができているという優れもの!

シャープ|SHARP KN-HW24GW 水なし自動調理鍋 HEALSIO(ヘルシオ)ホットクック ホワイト系【rb_cooking_cpn】


電気圧力鍋 4L アイリスオーヤマ 父の日 プレゼント ネット限定 電気圧力なべ 3〜4人向け 自動メニュー90種類搭載 圧力鍋 電気 圧力なべ 保温機能 炊飯器 低温調理 キッチン家電 調理家電 ギフト ブラック PMPC-MA4-B【あす楽】


「夕飯を作らない日」を作ることも大切!

毎日夕飯を作るのは本当に大変!

毎週金曜日は、お弁当やお惣菜で済ませちゃおう!

など決めておくと気持ちがだいぶ楽に。

自分で自分に厳しいルールを作らない事で、子供の前で笑っていられるママになれるかもしれないですね。

保育園子育て家事の乗り切り方 その2:旦那さんにも家の仕事を分担

ワンオペで頑張っているママさんってホント多いです!

子供の送り迎え、食事の支度、洗濯、掃除、習い事の送り迎えなどなど。

家の仕事は沢山あり、一人ではとうてい無理です。

気づくと部屋がぐちゃぐちゃになり自己嫌悪におちいることもしばしば。

そこで、夫婦で分担!

ポイントは「手伝ってもらう」のではなく「担当」を決めることです。

お互いのやり方には口出ししない

例えばゴミ担当。

ゴミ袋を出すだけではなく、「部屋中のゴミを集めるところから」やる。

いかに効率的に集められるかは、旦那さんの腕の見せどころだったりします。

担当者がやる事には余計な口出しはせずに任せると、やる気がアップします!

そして大切なポイントは、「ありがとう」を言うことです。そして褒めちぎることも。

自分ができることでも、褒めちぎるとさらにやる気になってくれる可能性大です!

そして、疲れた時にはお互いを頼ることも大切です。

お互い疲れてしまったら、

家がぐちゃぐちゃになっても良いから休む」「好きなことをして過ごす

などのルールを決めておきましょう。



まとめ

仕事と子育て家事の両立は本当に大変です。

毎日の夕飯作りの時短と火事の分担を目指しましょう。

・野菜などの材料は切ってから冷蔵庫や冷凍庫に

・味噌汁のみそは解かず、おたまのまま投入

・豆腐は切らずに投入

・宅配を上手に利用する

・時短グッズを利用する

・旦那様と役割分担を、あとはお互いを信じて託す!

・疲れたら家事を休む!散らかっても良しとする

一番大切なことは『おかあさんの笑顔』です。

笑顔でいられるよう、使えるものや技を惜しみなく使ってください!



/

タイトルとURLをコピーしました