16時間のプチ断食をやってみた!やりかたと効果の記録

美容健康

こんにちは!おこめです

食べ物が美味しい季節がやってきました。食欲の秋ですね! 

今回「プチ断食」なるものに挑戦してみました。

断食の方法やその中で感じた体調の変化などをお伝えします。

最近よく聞く16時間プチ断食、気になるけどどういうものなの?

16時間プチ断食とは、そもそもどういうものなのでしょうか。

16時間プチ断食は、1日のうち16時間何も食べない、というものです。

断食というと何日も何も食べないという難しそうなイメージがありますが、プチ断食なら手軽に始められそう!

ということで、16時間プチ断食に挑戦することにしました。

プチ断食・・・どのような効果があるのか?

「「空腹」こそ最高の薬」の著者であり生活習慣病の専門医である青木厚氏によると、

「空腹は体重や体脂肪は減少させ、糖尿病、がん、心筋梗塞や狭心症などの予防にも効果がある。

16時間は何も食べないほうがいい」ということです。

「空腹」こそ最強のクスリ [ 青木厚 ]

価格:1,540円
(2023/3/10 21:55時点)


なんだかいい事だらけ。

週に1度でもおこなうことで効果が出るそうで、これならできそうと考えました。

1日3食の食事をしている場合、体の中では何が起こっているか

1日三食食べたり、食べ過ぎたりすると体の中では何が起こっているのでしょうか?

胃腸が前に食べたものを消化し切る前に、次の食べ物が入ってくるため、内臓は休む事ができません。

そうなると、腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増えます。

その結果、病気にかかりやすくなるのです!

では疲れた内臓のために、どうすれば良いのでしょうか?

それは人間と同じで、まとまった時間内臓を休ませることで、胃腸の疲れが取れ内臓が活性化し、しっかり働いてくれるようになるのです。

毎日働きづくめの内臓を休ませることで、また元気に活躍してもらうということですね。

体内の酵素が増える

また、プチ断食によって栄養が足りなくなると、活性酸素を除去する酵素が増え、活性酸素が減るそう。

酵素とは、食べ物を消化する際に使われる消化酵素と、免疫力を上げる代謝酵素があり、どちらも生きていく上で大変重要なものです。

酵素を増やす事もできるなんて、すごい!




ダイエットにも効果があるのか?

内臓を休ませることで、活性化させるプチ断食。

ダイエットにも効果はあるのでしょうか?

答えは「あります」

食事をしない時間の間は、体は外から糖質を摂取できない為、肝臓に蓄えられたグリコーゲンを利用してエネルギーを作ります。

食事をしない時間が10時間程経過すると、肝臓に蓄えられたグリコーゲンが尽き、体は脂肪を分解して、エネルギー源に変えようとします。

つまり、空腹の時間が長くなればなるほど、体内の余計な脂肪が分解され、減っていくのです。

特に内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ落ち易いということです。

プチ断食のデメリットは?

これだけ良いことずくめのプチ断食ですが、デメリットはあるのでしょうか。

  • 断食をする時間帯を朝にしてしまうと、朝食を抜くことになり集中力が低下したり、体内時計がみだれてしまう可能性がある
  • 食事がとれる時間帯に食べ過ぎてしまい逆に太ってしまう可能性がある
  • 食事をとれる時間帯が短くなってしまう為、1日に必要な栄養が不足してしまう。

デメリットは断食のスタート時間により発生するという事です。

断食時間帯以外でも効率よく栄養が摂れるよう、食事についてはしっかり計画したいですね。



1日のうちいつ断食すればいいの?

1日のうちで16時間食事をしないということは、簡単なようでつらそうです。

つらい気持ちを少しでも無くすためには、どうすればいいのでしょうか。

それは、睡眠時間を利用することで解決できます。

わたしは、1日に7時間ほどの睡眠時間を利用し、残りの9時間を食事しない時間にしようと考えました。

自分のライフスタイルに合わせて、断食を行う時間を選べるのもうれしいですね。

ランチ終了後いよいよスタート!

職場で昼食が終わるのが13時。

その後16時間食事を我慢し、翌朝5時に朝食をとることに決め、プチ断食をスタート。

プチ断食をするとなると、ランチはいつもよりしっかり味わおうという気になりました。

午後はおやつを食べず、水のみ。

仕事を終え、子供をお迎え後、いつものように夕食を作ります。

美味しそうなにおい、食べられないと思うとなおのこと美味しそう。

でもがまん、がまん。

子供たちが夕飯を食べている間は、話をしながら炭酸水を飲んでいました。

お腹はすいているがそれほどつらくない

夕食の前にはグーグー鳴っていたお腹も、入浴後は鳴らなくなり、それほどつらくはなく、

心地よい眠気もやってきて、早く布団に入りたくなりました。

これはぐっすり眠れそうな予感。

よく、「寝る前の3時間以内に食事をしない方が良い」といわれますが、寝ている間に胃腸が働いていると、睡眠が浅くなってしまうそうです。



断食16時間後すっきりと目覚める

朝起きるといつもよりぐっすり眠れたような感覚と、体が気持ち軽くなったような感覚が!

やったー!やり切った。

たった16時間の断食ですが、すがすがしい気持ちになりました。

プチ断食を終えて体の変化

体は軽くなったような気がしました。

体重は0.8㎏減っていました。

プチ断食後の朝食はいつもと変わらず、食パンやヨーグルトを食べたところ、その後たくさん便が出て後半は下痢でした…

でも、このところ便秘気味だったので、スッキリし気分爽快です。

プチ断食や断食後は人間の排出機能がアップしているため、下痢になることは珍しくはないそうです。

後でわかったのですが、断食後の食事は久しぶりに働く内臓に負担を掛けないために、おかゆなどの流動食を食べる方が良いそうです。

ちゃんと調べておけば良かったと反省しました。

断食中は食事は取りませんが、水分は取っているのでなおのこと下痢になりやすいのですね。

朝はトイレに頻繁に行きましたが、出かける頃には下痢はおさまり、日中は普通に食事をして過ごしました。

「断食後はきっとものすごくお腹が空いてるから、爆食いしそう」と思っていたのですが、そんなこともなく、いつもと同じ量の食事で大丈夫でした。

プチ断食をやってみた感想

食事を1食我慢するのは、思ったほどつらくはなく、爽快感も味わえたのでまたやってみたいと思いました。

いつもこの時期になると、これからくるクリスマスやお正月で食べ過ぎてしまう自分が怖くなってくるのですが、この方法でリセットできると思うと、気が楽になります!

まとめ

16時間プチ断食は、まとまった時間食事をとらないことで内臓を休ませ、活性化させるというもの。

ライフスタイルに合わせて上手に取り入れて行うことでつらさ半減。

デメリットも理解ししっかり食事の計画を立てることが大切。

プチ断食後は体が軽くなり、気分爽快に。

プチ断食後は排出機能がUPし、たくさん便が出る。




タイトルとURLをコピーしました